来を築くエネルギー・物質変換技術の開発

 持続可能な未来を築くためには、環境負荷の少ない高効率なエネルギー・物質変換プロセスの開発が必要です。当研究室では、廃棄物から調製した安価かつ高活性な金属触媒を用いることで、未利用資源(バイオマス、廃棄物、低品位炭など)から低温(600℃以下)で水素などのクリーンエネルギーを取り出す、高効率なエネルギープロセスを開発しています。さらに、環境負荷の少なく高効率な物質変換を可能とする、新規カーボン固体触媒の開発も行っています。

  • N. Kannari, C. Satomi, Y. Oyama and T. Takarada, Biomass Bioenergy 107 (2017) 86-92.
  • N. Kannari, Y. Oyama and T. Takarada, Catalytic decomposition of tar derived from biomass pyrolysis using Ni-loaded chicken dropping catalysts, Int. J. Hydrogen Energy, 42 (2017) 9611-9618.
  • N. Kannari, T. Itakura, J. Ozaki, Electrochemical oxygen reduction activity of intermediate onion-like carbon produced by the thermal transformation of nanodiamond, Carbon, 87 (2015) 415-417.
研究紹介トップ