全自動運転の実現を目指す

実験車両

 現在、世界中のカーメーカーやIT企業が、自動運転技術の研究開発でしのぎを削っています。近年では、自動運転を「あらゆる場所」で走行させるために、人工知能との融合など、複雑な仕組みが提案されています。そうした中で群馬大学では、あえて「地域限定・路線限定」にする代わりに、仕組みを単純化して信頼性と高め、早期に実用化を目指す技術アプローチをとっています。これは、特に日本では過疎地域の高齢者など、自動運転で「あらゆる場所」に移動するニーズより、スーパーマーケットや病院、駅など地域を移動するニーズの方が大きいと考えるためです。さらに、完全自動運転は、例えば移動するレストランやホテルなど、まったく新しいビジネスを生み出す可能性があります。また、それらを実現するためには新しい技術を必要とします。群馬大学では、単に自動運転技術の研究開発にとどまらず、自動運転に影響される周辺分野の完全自動運転対応のための技術やサービスの研究開発を様々な企業と連携して進めています。

研究紹介トップ